<< ケアマネジャーのあり方で報告書まとまる | main | 医療・介護の在り方で、社会保障制度改革国民会議が論点整理 >>
政権交代後、初めての社会保障制度改革国民会議開催
 社会保障と税の一帯改革は昨年、民主党政権で閣議決定し、社会保障制度改革推進法案、年金、子育て等関連法案が成立しているが、昨年末の政権交代後、初めての社会保障制度改革国民会議が1月21日に開催された。会議としては11月30日、12月7日に続く3回目。会議ではまだ道筋が明らかになっていない医療と介護について議論を進めていくこととされた。
社会保障制度改革推進法では「国民会議」を設置すると明示されたが、その設置期限を今年の8月21日までと定めており、その期限内で議論をまとめていく。消費税引き上げをにらみながら医療・介護の制度をどのように考えるか、負担と給付の在り方が議論のテーマとなる見込みだ。
| ひろこの「400字」の介護保険 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ecare-support.com/trackback/1245341
トラックバック
対策マニュアル

介護報酬早期資金化サービス
記事タイトル
カテゴリーごとに見る
月ごとに見る
RECENT COMMENT
  • よくあるご質問(2009年度 介護サービス情報の公表について)
    (11/19)
RECENT TRACKBACK
  • 「ケアマネのあり方」で各団体が資料提示 厚生労働省の検討会
    知恵ノート (08/04)
会社説明