<< 「混合介護」テーマに規制改革推進会議が公開ディスカッション | main | 厚労省審議会 グループホームは口腔ケアの推進を。「認知症施策の推進」テーマに議論 >>
「2025年に向けた支援機器の活用 」〜ICT・介護ロボット・福祉用具の進化 公開講座
2025年に向けて介護ロボット、ICTの開発が日々のニュース等にも登場しています。これらの進化は要介護者だけでなく介護する側の安全や健康を支援するものでもあります。今回、2025年に向けた支援機器の活用と題して、公開講座が開催されます。
講座の特徴は以下の通り(主催者の言葉)ですので、学んでみたい方には一考の価値があると思われます。
単なる道具ではなく、人と人とをつなぐ役割として、またケアの標準化を図る手段となるなど、ICT、支援機器はさまざまな進化を遂げています。日本の機器の進化は、介護保険を導入した韓国をはじめ東アジアにとっても関心事です。各分野のフロントランナーから話を聞き、2025年、さらにその先に向けた支援機器の在り方を考えます。

★詳細は当社ホームページの「更新情報」からアクセスできます。

| - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ecare-support.com/trackback/1245364
トラックバック
対策マニュアル

介護報酬早期資金化サービス
記事タイトル
カテゴリーごとに見る
月ごとに見る
RECENT COMMENT
  • よくあるご質問(2009年度 介護サービス情報の公表について)
    (11/19)
RECENT TRACKBACK
  • 「ケアマネのあり方」で各団体が資料提示 厚生労働省の検討会
    知恵ノート (08/04)
会社説明