<< 「不安な個人、立ちすくむ国家」 経産省の若手プロジェクトの提言 | main | 「訪問介護」介護報酬改定の議論。身体介護に重点、生活援助は新たな研修修了者で。 >>
介護保険全サービスの収支差は平均3.3%  〜厚労省の介護事業経営実態調査結果
厚労省は10月27日の社会保障審議会介護給付費分科会で「平成29年度介護事業経営実態調査」の結果を報告した。実態調査は来年度からの介護報酬改定の基礎資料とするもので、平成28年度決算を調査した。それによると施設在宅、地域密着型を含めた全サービスの収支差率は平均3.3%だった。特養(介護老人福祉施設)は1.6%、老人保健施設は3.4%、療養型医療施設は3.3%であった。居宅介護支援はマイナス1.4%、訪問介護は4.8%、福祉用具貸与は4.5%で、通所リハが5.1%であった。延べ利用者1人当たりの収入は特養が12,213円、老健施設が13,272円、療養型が16,075円(一日当たり)。訪問介護は一回当たり3,503円、訪問リハは4,247円で、福祉用具貸与は一か月あたり13,669円、居宅介護支援は11,989円であった。これを受けて委員の間からは「収支差は大幅に低下している。人手不足もあり大幅なマイナス改定は避けるべき」「収支の悪化が調査には表れないサービスの質の低下を心配する」と危惧する意見、「プラス改定をする環境にはない」「世代間の公平という観点から適正化を」とする意見が見られた。
| ひろこの「400字」の介護保険 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ecare-support.com/trackback/1245368
トラックバック
対策マニュアル

介護報酬早期資金化サービス
記事タイトル
カテゴリーごとに見る
月ごとに見る
RECENT COMMENT
  • よくあるご質問(2009年度 介護サービス情報の公表について)
    (11/19)
RECENT TRACKBACK
  • 「ケアマネのあり方」で各団体が資料提示 厚生労働省の検討会
    知恵ノート (08/04)
会社説明